他の萌えに関する記事へ はむはむソフト ないしょ思春期バナー
この『ロリータコンプレックス』を編集

ロリータコンプレックス

  1. 広義では思春期前後の少女を性的に見やすい人。
  2. 狭義では幼女、女児、少女に性的関心を持つ人。少女嗜好者。
  3. 漫画、アニメ、アイドル等の熱心なファン

漫画、アニメ愛好家

ロリコンと略して使用する場合が多い。ロリコンと略された場合、アニメ・ゲーム・漫画などの架空の少女、もしくは比較的幼いアイドル・歌手の熱心なファンやそのジャンルを指す場合もある。*1
近年はオタクのほうが、一般的である。

世間的な意味合いと、本来の意味

ペドフィリアの一般名称
少女嗜好者(少女性愛)を指す場合、ペドフィリア(pedophilia)を使用するのが正確であるが、少女誘拐事件が多発した1988年頃からマスコミがロリータコンプレッックスをペドフィリアの意味として利用し始めたため、現在はその意味合いも兼ねるようになった。

本来の意味
本来のロリータコンプレックスの意味は恋愛対象としてはまだ早いと考えられる女性を恋愛対象としやすい者。であり、成人女性も性対象とする。その場合、幼女・児童*2は性対象とはならず、一般に13歳〜18歳の少女を対象とする。これは変態性欲ではなく男性が本能的に性的興味を抱くので、ロリータコンプレックスは真の意味をとった場合、変態的なものでは無い。

ロリータの由来

英単語としても認知されているロリータ(Lolita)は魅力的な少女の意味を持つが、その由来はウラジミール・ナボコフによって書かれた小説『ロリータ』が由来*3である。

評論と実際の相違

ペドフィリアの意味を取ったロリータコンプレックスが、評論家などに「成人女性への劣等感を感じる為、自分が優位に立てる少女に関心を移す。」と非難されることがしばしばあるが、原因の説明としては不十分である。幼年期への回帰願望や、精神年齢が関係している説もある。

関連事項

ロリコン(アニメやマンガなどの熱心なファンの意のページ)
ロリ(ロリータコンプレックスの意味の総括ページ)
ペドフィリア(世間的に一般化されたロリータコンプレックスの意味)


情報が不足しています!
この記事は情報が不足している為、完全ではありません。
もしあなたが、この記事に掲載されていない情報をご存知の場合
是非その情報をMoeDicに寄稿してください。

こちらは?

注目の10件

 nolink

1.0.16607(4)

?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=normal.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=sakura.gif?plugin=attach&refer=MenuBar&openfile=tea.gif


*1 詳しくはロリコンを参照
*2 就学前の女児・小学生の女児
*3 作品中で少女と成人男性との恋が描かれた。
この『ロリータコンプレックス』を編集

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 索引 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終改訂: 2006/Aug/01 Tue 05:34:32 JST (4519d)